公益社団法人 日本眼科医会が運営する目の健康・情報サイト 目の健康.jp
TOP >> コンタクトレンズQ&A >> コンタクトレンズの正しい使い方
誤った使用方法が引き起こす眼の障害
コンタクトレンズは高度管理医療機器(※)
コンタクトレンズは、直接あなたの目の上に装用するものです。 誤った使い方をするとあなたの視力を失う恐れがあります。
そのため厚生労働省から人工呼吸器、透析器、心臓ペースメーカーなどと同じ高度管理医療機器(2005年4月1日より)に指定されています。
ユーザー、販売店そして眼科専門医がみんなで協力してあなたの目の健康を守りましょう。このことをしっかりと理解して購入する際には必ず眼科専門医による目の検査を受けるようにしてください。

※高度管理医療機器とは
医療機器であって、副作用又は機能の障害が生じた場合(適正な使用目的に従い適正に使用された場合に限る)において人の生命及び健康に重大な影響を与えるおそれがあることからその適切な管理が必要なものとして、厚生労働大臣が薬事・食品衛生審議会の意見を聴いて指定するものをいう。(薬事法第2条5項)
コンタクトレンズを正しく使いましょう
ハード、ソフト、使い捨て、最近ではカラーコンタクトといったおしゃれにも使えるタイプもあるなど、 用途やシーンに合わせてコンタクトレンズを選び、幅広く使えるようになりました。
とはいえ、コンタクトレンズは高度管理医療機器であることには変わりありません。
それぞれの種類に適した使い方、ケア方法をしっかりと知り実行することで、コンタクトレンズと上手に付き合っていくことが大切です。
装用時間を正しく守ること
交換期限を正しく守ること
レンズやケア用品の取り扱い方法を守り、正しく使用すること
調子が良くても眼科専門医で定期的な検査を受けること
異常を感じたらすぐ装用を中止して、眼科専門医を受診すること
上記の5つの項目は、どんな種類のコンタクトレンズであっても使うのであれば必ず守ってもらいたい基本的な注意事項です。
とにかく、自己判断での使い方やケアを行わず、わからないことがある場合は眼科専門医からの指示に従うことが、目のトラブルを防ぐ最善の道です。
ハードコンタクトレンズのケア方法
洗浄
洗浄剤を使った「こすり洗い」による強力洗浄
洗浄保存液での「つけおき洗浄」
「こすり洗い」に比べて「つけおき洗浄」の洗浄効果は劣ります。「こすり洗い」は毎回必ず行ってください。 さらに、汚れがひどいときには併用することをお勧めします。
「こすり洗い」のときは、あまり力を加えすぎるとレンズの変形や破損が生じるのでご注意ください。
強力洗浄
酵素や塩素系洗浄剤を使用した強力洗浄
これらの成分は直接目に入ると角膜障害を引き起こす危険性があるため、 この場合は十分にレンズをすすぐことが必要です。
すすぎ
ハードコンタクトレンズは、大量の水道水を使ってレンズをしっかりとすすぎ洗いすること
保存
ハードコンタクトレンズ専用の保存液とケースに入れる
※装用前には、しっかりとすすぐ必要があります。
ソフトコンタクトレンズのケア方法
洗浄・消毒・すすぎ・保存
ソフトコンタクレンズはレンズの種類、消毒方法などによりケア方法が異なります。
詳しくは製品ごとの説明に従ってケアしてください。
※わからないことは眼科専門医に相談しましょう。
その他 注意事項
コンタクトレンズを扱う場合は、手洗いから始めることが基本中の基本。また、つけたり、外したり、ケアをする場所(洗面所など)は湿気が多いため、微生物が存在する可能性も非常に高いのです。コンタクトレンズはもちろんのこと、ケア用品やレンズケースに微生物が付着しないよう、細心の注意が必要です。女性の方は、レンズの取り扱いが終わってから化粧品を使うことをお勧めします。
使用コンタクトレンズの種類

2006年3月「目の健康.jp」調べ
前へ次へ
ページトップへ