公益社団法人 日本眼科医会が運営する目の健康・情報サイト 目の健康.jp
TOP >> コンタクトレンズQ&A >> 目のホームドクターをつくろう!
なぜ定期的な目の検査が必要なの?
眼科専門医へ行こう!
公益社団法人 日本眼科医会 JAPAN OPHTHALMOLOGISTS ASSOCIATION

コンタクトレンズによる目のトラブルは、角膜や結膜だけでなく時には目の中にも炎症が及ぶことがあります。この場合、その予防と治療を適切な判断のもと行えるのは、眼科ではなく眼科専門医だということをご存知でしょうか?これを機会にあなたの目の健康を守るために、あなたの目のホームドクターをつくりましょう。

眼科専門医とは
(財)日本眼科学会によって指定された研修病院で5年以上、眼科の診療や手術の研修を受け、かつその知識や技能を専門医試験によって認定された眼科医のこと。認定後も5年ごとに眼科医としての活動に応じて資格が更新されるため、常に最新の知識と技能を身に付けることが求められる。
眼科検診の受信頻度

2006年3月「目の健康.jp」調べ
前へ次へ
ページトップへ