公益社団法人 日本眼科医会が運営する目の健康・情報サイト 目の健康.jp
TOP >> コンタクトレンズQ&A >> 誤った使用方法が引き起こす目の障害
誤った使用方法が引き起こす眼の障害
自己流のルールでコンタクトレンズを使っていませんか
あなたは自己流のルールでコンタクトレンズを使っていませんか? 例えば「交換時期は過ぎたけどまだキレイだし、もうちょっと使おう。」なんてことや、「外すのが面倒だし、一日くらいつけたままで寝ても大丈夫だろう。」など、使い慣れてくるとついついやってしまう自己流での使い方ですが、これは非常に危険な行為です。目の病気には「痛み」や「かゆみ」といった自覚症状がほとんどないものもあり、気づいたときには取り返しのつかない目の障害を引き起こしてしまっている可能性もあるのです。
身近に潜む眼の障害の恐怖
CASE 1
    
症状は?
痛みを伴い、目は充血し、涙が出ます。角膜上皮がはがれて、角膜実質がむき出しになった状態です。
原因は?
コンタクトレンズ装用による酸素不足や外傷、異物飛入などが考えられます。
治療法は?
点眼や眼軟膏を塗布するなどの治療を行い数日で回復する場合が多いのですが、上皮のつきが弱く、何らかのきっかけで再発する事もあります。
    
症状は?
充血、ときによっては異物感があります。酸素不足を補うために本来血管のない角膜へ血管が新生・侵入する状態です。
原因は?
コンタクトレンズ装用による慢性的な酸素不足が原因です。
治療法は?
コンタクトレンズから眼鏡に変更するか、酸素透過性のよいコンタクトレンズへ変更します。
    
症状は?
視力低下、痛み、充血、涙が出ます。角膜上皮がはがれて、角膜実質にも濁りや傷がついている状態です。角膜びらんよりも重症で、放置しておくと失明にいたる場合もあります。
原因は?
コンタクトレンズ装用による感染(細菌、ウイルス、かび、原虫)が主な原因です。
治療法は?
外傷による場合は、抗炎症薬や眼軟膏を投与したり、治療用のコンタクトレンズを使用する場合もあります。 感染による場合は、原因となる細菌に対する薬剤を点眼、点滴、内服、結膜下注射などの方法で投与します。
    
症状は?
異物感、充血、目やに。上まぶたの裏側に「乳頭」という直径1mm以上のぶつぶつができる状態です。
原因は?
コンタクトレンズの汚れや刺激によるアレルギーが原因となります。
治療法は?
コンタクトレンズの使用をしばらく中止し、抗アレルギー薬の点眼をします。
眼のトラブルの経験の有無

2006年3月「目の健康.jp」調べ
目のトラブルの原因

2006年3月「目の健康.jp」調べ
前へ次へ
ページトップへ