公益社団法人 日本眼科医会が運営する目の健康・情報サイト 目の健康.jp
TOP >> コンタクトレンズQ&A >> なぜ定期的な眼の検査が必要なの?
なぜ定期的な目の検査が必要なの?
定期的な目の検査を行うメリット
コンタクトレンズのユーザーで特に目に異常を感じていない方であっても、定期的な検査を受けることで目の障害が発見される場合があります。さらに、コンタクトレンズの度数の変化やカーブが適切でなかったり、コンタクトレンズ自体にキズや変形などが生じていたり、汚れが付着していることもあります。

眼科専門医はユーザーとの定期的なコミュニケーションを通じて装用感やケア方法について把握します。その際ユーザーが異常を訴えた場合は、その原因を明らかにし処置することができるのです。また同時に正しいコンタクトレンズの使い方やケア方法についてユーザーに適切なアドバイスができます。
定期的な検査で行うこと
ユーザーの目の状態によって下記の検査を必要に応じて行います。
視力検査
あなたが今使っているコンタクトレンズの度数が合っているかを視力検査を通じてチェックします。
フィッティング検査
今あなたが使っているコンタクトレンズのフィッティングをチェックします。
角膜のカーブにあわないコンタクトレンズを装用していると外れやすかったり、角膜に傷がつきやすくなります。
涙液量検査
角膜をうるおしている涙の量を検査します。コンタクトレンズをしていると目は乾きやすくなり、ドライアイになりやすくなります。また、コンタクトレンズは涙の層にのるものですので、涙の量が少ないと外れやすくなったり、角膜に傷をつくりやすくなります。
角膜内皮細胞数検査
角膜の一番内側にある内皮細胞の数や形、大きさを調べる検査です。内皮細胞は角膜の透明度を保つという重要な役割があります。コンタクトレンズはこの角膜内皮細胞を障害する可能性があります。
角膜染色検査
目に傷がついていないか、病気がないかの検査を特殊な染色を使って行います。傷や病気があるのにもかかわらずコンタクトレンズを装用していると病気を悪化させることがあります。
眼圧、眼底検査
眼球内圧や眼底の状態をチェックします。
定期検査で見つかる目の障害
定期的な検査では、自覚していなかった結膜や角膜の障害はもちろんのこと次のような障害も発見できます。
過矯正
使用しているコンタクトレンズの度数が強すぎる状態です。
度が強すぎるレンズを使用していると、見え方に大きな違和感がなくても眼精疲労や頭痛・肩こりの原因になる場合があります。
緑内障
眼球は正常な状態を維持するために、一定の眼圧を保っています。緑内障はこの眼圧のバランスが崩れ、次第に眼圧が高くなり、その圧力が眼の神経や血流に悪い影響を与えて視神経が徐々に死んでいきます。死んだ神経線維は決して生き返らないため、視機能が回復することはありません。 早期発見が大事で、早期に治療すれば失明には至りません。
前へ次へ
ページトップへ