加齢黄斑変性

加齢黄斑変性という病気は、まだ聞きなれないかも知れませんが、欧米では失明原因の上位を占める重要な病気です。近年、日本においても増加しています。特に、もろい新しい血管が生まれてきて破裂することによって進行するタイプは、進行が早く、重い視力障害を引き起こすため、早期発見の重要性が指摘されています。

それでは、加齢黄斑変性について、ドクターに聞いてみましょう。

かれいこうはんへんせい…?かれいおうはんへんせい…?
これは、「かれいおうはんへんせい」と読みます。この病気は、欧米で主な失明原因として問題視されてきましたが、近年私たちの国でも、高齢化や食生活の欧米化によって増加しています。
どのような病気なのですか?
では、また、目の構造から勉強していきましょう。黄斑は、目の底にある網膜の中心に当たり、ものを見るために最も敏感な部分です。網膜の中で、ひときわ黄色いので、黄斑と呼ばれるようになりました。

目の断面図

加齢黄斑変性は、黄斑部分の異常な変化によって、視力が低下してしまう病気です。加齢黄斑変性には、比較的病状が軽度な萎縮型と失明原因ともなり特に問題となる滲出型のふたつのタイプがあります。

〈萎縮型〉
黄斑の組織が加齢とともに萎縮してしまいます。萎縮型は比較的進行が緩やかで、病変が黄斑の中央部におよばなければ高度の視力障害にはいたりません。

〈滲出型〉
網膜の外側にある脈絡膜から新しい異常な血管(新生血管)が生まれてくることによって、黄斑が障害されます。進行が早く、視力障害が重度になる場合があるため、早期の発見が重要です。

どのような症状が現れるのでしょうか?
萎縮型では、視力の低下の程度は軽いことが多いので、ここでは、問題となる滲出型について解説しましょう。初期の滲出型加齢黄斑変性では、ものがゆがんで見える(変視症)、左右の目でものの大きさが違って見えるなどの症状を自覚します。生まれてきた新しい血管の破裂によって出血が起こると、突然の視力低下、特に中心が見えにくいという症状が現れます。

変視症のイメージ

どのような検査が行われますか?
特に重要なのが、眼底検査と蛍光眼底検査です。蛍光眼底検査は、網膜や脈絡膜の血管の異常を把握するため、血管に造影剤を入れて行われます。
治療について教えてください。
今までは、あまり有効な治療法がありませんでしたが、最近では、新生血管を破壊したり、発生を抑える新しい治療法が開発されています。ただ、完全にもとに戻せるような決定的な治療がないというのが現状です。
治療が難しいということでしたら、予防も大切ですね。
そうですね。この病気の予防のためには、喫煙を控え、直射日光から目を守り、バランスのよい食事を取ることも重要です。ルテインのサプリメントも有効かも知れません。
この病気も早期発見が大切なようですが、どのような時に、眼科医に相談すればよいのでしょうか?
他の目の病気と同様、普段から定期的な検査を受けていただきたいのですが、特に、格子を片目で見た時に、線が波打って見えたり、見えにくいところがある場合にはできるだけ早く眼科医を受診してください。
ありがとうございました!
前へ次へ
ページトップへ