網膜剥離

網膜剥離は、目の中でカメラのフィルムの働きをしている網膜が剥がれることにより、網膜の働きが低下してゆく病気です。治療せずに放置した場合は、失明する可能性もあります。治療の中心は手術療法となりますが、早期に発見することによって、回復させる可能性が高まります。黒い点や影が見えたり、目の中に稲光のようなものが見える症状が現れたら、できるだけ早く眼科医を受診しましょう。

それでは、網膜剥離について、ドクターに聞いてみましょう。

今日は、網膜剥離についてお伺いします。名前からイメージすると、網膜が剥がれてしまうという感じですが…
その通りです。網膜剥離とは、何らかの原因で網膜が剥がれてしまった状態です。今日も、病気のお話の前に、目の構造について勉強してみましょう。目の底にある網膜は、神経網膜と網膜色素上皮細胞で構成され、カメラに例えるとフィルムの役割をしています。

目の断面図

この神経網膜と網膜色素上皮細胞の接着は弱く、接着が剥がれてしまって、神経網膜が硝子体の中に浮き上がってしまった状態が網膜剥離なのです。剥がれた網膜には栄養が十分に届かないため、徐々に網膜の働きが低下してしまうのです。
どのような原因で網膜剥離が引き起こされるのでしょうか?
最も多いのは、網膜に裂け目や孔ができてしまい、目の中にある硝子体がそこを通って網膜の下に入り込むことで引き起こされる裂孔原性網膜剥離です。網膜の剥離は、時間とともにその範囲が広がっていきます。網膜に裂け目ができる原因としては、近視などによる網膜の萎縮、硝子体の変化、打撲などがあります。

裂孔原性網膜剥離の状態

私の友達で、テニスボールが目に当って網膜剥離になった子がいました。
そうですね。ボールが当るなど強い目の打撲によって網膜が剥離する外傷性網膜剥離も、裂孔原性網膜剥離のひとつです。その他の網膜剥離としては、網膜に生まれた新しい異常な血管が原因となって網膜が引っ張られて起こされるものや、目の中の血液中の水分が染み出して網膜の下にたまることで引き起こされるものなどがあります。
網膜剥離になるとどのような症状が出るのでしょうか?
視野に黒い影やゴミのようなものが見える飛蚊症や、稲光のようなものが見える光視症などを自覚することがあります。病状が進行すると、視野にカーテンをかぶせられたように見えにくくなる視野欠損や、視力の低下が起こります。

網膜剥離の症状

病院では、どのような検査をするのでしょうか?
眼底検査や、視野検査を行います。
〈眼底検査〉
眼底の様子を調べます。

〈視野検査〉
見えなくなっている部分の位置を調べます。
網膜剥離と分かったら、どのような治療が行われるのでしょうか?
網膜剥離を治療するには手術が必要となります。初期の、網膜に裂け目や孔ができた段階であれば、レーザー治療で進行を抑えることができます。網膜剥離が発生してしまっている場合は、網膜復位術や硝子体手術が行われます。

〈網膜復位術〉
眼球の外側からの操作で、剥離した網膜を元の位置に戻します。

〈硝子体手術〉
目の中に細い手術器具を入れ、目の中から網膜剥離を治療します。
早い段階であれば、簡単な手術ですむこともあるんですね。
そうですね。どの目の病気にも言えることですが、とにかく定期的な眼科検査を受けるようにしてください。特に、飛蚊症や光視症のような症状がでてきた場合は、早めに眼科を受診してください。
ありがとうございました!
前へ次へ
ページトップへ