緑内障

緑内障は、日本での失明原因の第一位となっている重要な目の病気です。緑内障になると、見える範囲(視野)が狭くなり、場合によっては失明にまでいたることがあります。たいていはじめは全く症状がないので、検査をしてはじめてわかることが多く、注意が必要です。

それでは、緑内障について、ドクターに聞いてみましょう。

では、今日は緑内障について伺いたいのですが、私も名前くらいは聞いたことがあります。この病気は多いのですか?
そうなんです。緑内障は、日本における失明原因の第一位で、大きな問題として取り上げられています。40歳以上の人の20人に1人は緑内障といわれています。
えー、20人に1人ってことは…私の知り合いにもいるはずですね。
そう、決して珍しい病気ではありません。でも、ほとんどは特別なきっかけもなく発症し、本人も気づいていないことが多いのです。
緑内障になると、どんな症状がでるんですか?
見える範囲(視野)が狭くなってきますが、はじめは自覚がないことがほとんどです。その後、気づかないままゆっくりと病気が進行します。場合によっては失明に至ることもあるのです。

視野障害のイメージ

視野がどんどん狭まっていくんですね。その原因は何なのですか?
目の体質と思って下さい。一般に目の中の圧力(眼圧)が高くなることで視神経が障害される病気と考えられていますが、眼圧が正常範囲内であっても視神経が障害される正常眼圧緑内障が多いことも分かってきています。
眼圧って、目に圧力があるんですか?
目の中には、房水とよばれる液体が流れています。房水が出ていく隅角が狭くなったり(原発閉塞隅角緑内障)、線維柱帯と呼ばれる出口が目詰まり(原発開放隅角緑内障)すると、眼圧が上昇します。

目の断面図

病院では、どんな検査をするんですか?
緑内障の検査には、主として眼圧検査、眼底検査、視野検査などがあります。

〈眼圧検査〉眼圧を測定します。
〈眼底検査〉視神経の状態をみます。
〈視野検査〉見える範囲を調べることで、緑内障の進行の程度を判断します。
緑内障と分かったら、どんな治療が行われるのでしょうか?
眼圧を下げることで、病気の進行を止めたり、遅らせる治療が行われます。正常眼圧緑内障でも、眼圧をさらに下げることで進行を遅らせる治療が主体となります。今のところ、障害された視神経を回復させることはできません。まずは薬物療法が行われ、効果が不十分な場合にレーザー治療や手術が行われます。

〈薬物療法〉
房水の産生量を減らしたり、流れをよくするための点眼薬があります。内服薬が追加されることもあります。

〈レーザー治療〉
レーザーを虹彩や線維柱帯に照射して、房水の流出を促します。

〈手術〉
房水が外に染み出すような細工をしたり、線維柱帯を切開して房水の排出を促す方法などがあります。
日常生活で気をつけることはありますか?
特にはありません。通常の生活を送ってもらって大丈夫です。
緑内障で障害を受けた視神経はもとにはもどりません。そのため、できるだけ早くに発見して、治療を開始することが重要なのです。緑内障は、当初は自覚症状がありませんから、眼科医を定期的に受診することをお勧めします。
ありがとうございました!
前へ次へ
ページトップへ