糖尿病網膜症

糖尿病網膜症は、糖尿病腎症、糖尿病神経障害とともに糖尿病の3大合併症のひとつに数えられています。私たちの国の失明原因の第2位であり、今後、糖尿病患者さんの増加によってますます重要な病気になると考えられます。糖尿病網膜症は、当初は自覚症状が少なく、放置されていることも多いことが問題視されています。

それでは、糖尿病網膜症について、ドクターに聞いてみましょう。

今日は、糖尿病網膜症について教えてください。
分かりました。糖尿病はどんどん増えていますからね。糖尿病網膜症も今後さらに問題になってくると思います。
この病気は、糖尿病と関係があるんですね。
そうです。糖尿病の3大合併症のひとつに数えられます。また、私たちの国の失明原因の第2位でもある重要な目の病気なんですよ。
どうして糖尿病で目の病気になるんですか?
では、まず目の構造を勉強してみましょう。目の底にある網膜は、カメラに例えるとフィルムの役割をしています。網膜には、光や色を感じる神経細胞や細い血管が張り巡らされています。

目の断面図、目の底

糖尿病で血液の中の糖の濃度が高い状態がつづくと、網膜の細い血管が損傷を受け、網膜(カメラのフィルムに相当)の感度が悪くなったり、破損を受けてしまったりするのです。

どのような症状が現れるのでしょうか?
症状は、糖尿病網膜症の重症度によって変わりますので、その説明をしましょう。

〈単純網膜症〉
網膜の中の血流が悪くなり始めた時期です。この段階では、たいてい自覚症状はありません。


〈前増殖網膜症〉
部分的に血液が流れなくなった段階です。足りなくなった血液の流れを補充するために、新しい異常な血管が生まれ始めます。この時期になっても、自覚症状がないこともあります。

〈増殖網膜症〉
新しい血管が伸びてくるのですが、この新しい血管は、大変もろく、簡単に出血を引き起こします。出血が多い場合は、視力の低下を自覚します。また、増殖膜というものができたり、網膜剥離をひきおこしたりして、最終的には、失明につながる恐ろしい状態です。

糖尿病網膜症では、どのような検査が行われるのでしょうか?
これも、重症度によってくるのですが、精密眼底検査や、蛍光眼底撮影、超音波検査などが行われます。

〈精密眼底検査〉
眼底を詳しく観察して、出血の状態等を調べます。

〈蛍光眼底検査〉
網膜の血管の異常を把握するため、血管に造影剤を入れて眼底を検査します。

〈超音波検査〉
出血が起こっていると、眼底が見えないため、超音波を用いて検査します。
治療はどのように行われるのですか?
初期には、糖尿病の治療に加えて内服薬などが使われます。進展した糖尿病網膜症に対しては、レーザー治療や硝子体手術などが行われます。

〈レーザー治療〉
レーザーを用いて、網膜の一部を凝固させます。それにより網膜での酸素の必要量が減り、そこに新しい血管が伸びてくるのを防ぐことができると考えられます。この治療は、病気の進行を防ぐものであり、もとの状態に戻すものではありません。将来の失明を防ぐために大切な治療なのです。

〈硝子体手術〉
レーザー治療で進行を予防できなかった場合、硝子体手術が行われます。硝子体はゼリー状の組織で、目の中の大部分を占めています。出血や増殖膜などを取り除き、透明な状態に戻します。
この病気も、早期発見、早期治療が重要なのですね。
そうです。糖尿病と診断されたら、定期的に眼科検査を受けていただきたいと思います。
ありがとうございました!
前へ次へ
ページトップへ