近視ってなに?

近視って言葉、よく聞きますよね。目が悪くなった状態ってことは分かるのですが、実際、どうして目が悪くなっているのかご存知でしょうか?そういえば、遠視、乱視なんて言葉もありますね。それぞれの状態を知れば、その名前にも納得ですね。

それでは、近視について、ドクターに聞いてみましょう。

先生、近視っていう言葉をよく聞きますが、それはどのような状態なのでしょうか?

そうですね、では、近視をわかり易く説明するために、まずは正常な状態について解説しましょう。

目の断面図目の前面には透明な角膜があり、その奥には水晶体と呼ばれるレンズがあります。私たちはこれらを通してものを見ています。目にはものを見るためのたくさんの仕組みがあります。例えば虹彩は、目に入ってくる光の量を調整する働きをしています。網膜は光を感じる神経の膜で、視神経とつながって情報を脳に伝えています。

さて、外から入った光は角膜と水晶体で折れ曲がり、奥にある網膜で像が結ばれる仕組みになっています。ものが正しく見える状態(正視状態)では、目に入ってきた光が網膜にぴったり焦点を結ぶようにピントが合っています。

正視状態の目

ところが、近視になると、目に入ってきた光が網膜より手前で焦点を結んでしまい、ピントが合わなくなってしまうのです。

近視状態の目

ピントが合わなくなって、目が悪くなってしまうんですね。

そうですね。網膜より手前で焦点を結んでしまってピントが合わないのが近視です。一方、網膜より後方で焦点を結んでしまう遠視という状態もあります。遠視は、角膜から網膜までの長さ(眼軸長)が正常よりも短いために起こります。

近視、遠視か‥。先生、そういえば、乱視って言葉もありますよね。

乱視は、目に入ってきた光が一点で焦点を結べない状態です。角膜や水晶体の縦軸と横軸の屈折力が異なるため、両方の軸のピントが同時に合わないために起こります。

乱視状態の目

先生、今日も勉強になりました。ありがとうございました!

前へ次へ
ページトップへ